IELTS対策コーチングセンター

お問合せ資料請求資料請求

IELTS(アイエルツ)について


セクション別解説:IELTS Reading(リーディング)Section

IELTSのリーディングセクションは、
TOEFLiBTより難易度の高い唯一のセクションです。


IELTS(アイエルツ)リーディング試験内容:

Reading 試験時間 60 分
問題数 40 問
試験内容 3 つのパッセージが出題

試験では文章が3つ(トータルで約2,000〜2,750語)出され、これらに対してさまざまな形式の問題が40問出題されます。仮に2500語を3パッセージで割ると、約830語になりますので、A4約2枚程度のパッセージが3つ出題されることになります。そのため、ある程度長い文章を読むスキルが必要とされます。

また、このセクションでは解答用紙に記入するための特別な時間は別途用意されていませんので、すべて60分以内に解答する必要があります。

パッセージ(文章)の内容について

パッセージは社会科学、人文学、自然科学などその内容は非常に多岐に渡ります。ただTOEFLのように大学のテキストがそのまま抜粋されるわけではなく、雑誌、新聞、書籍などから出題されます。また内容は一般教養的なものが多く、専門知識は必要とされないのが特徴です。

少なくとも1問は論理的な議論を扱ったものであり、他にグラフやイラストを使用した文章が登場する場合もあります。文章中に専門用語が使われている場合には、簡単な用語解説がついています。いずれにしても1時間で2,500字程度の読み物を英文で読むスキルを必要とされます。

リーディングセクション問題形式について

Readingも、Listening同様、解答を記述するという点では、Writingのスキルが必要です。問題をよく読み、正しく解答を記述する訓練が必要となります。

問題の種類:
1) Multiple-choice 選択問題
2) Short Answer ショートアンサー
3) Sentence Completion  文章完成問題
4) Chart Completion チャート完成問題
5) Flowchart Completion  フローチャート(流れ図)完成問題
6) Graphs  グラフ問題
7) Tables テーブル問題
8) Heading 小見出しの選択
9) Thru/False/Not Given question 正誤問題

IELTS(アイエルツ)
について詳しく知ろう
基本情報について
概要と目的
テストスコア
申込方法
セクション別解説
リーディングセクション
リスニングセクション
ライティングセクション
スピーキングセクション
他のテストとの比較
TOEFLiBTテスト
TOEICテスト

なぜマンツーマンでなければスコアは伸びないのか?
ブース形式ではないのでプライベートクラスが可能
GREテスト対策ラボ 日本人留学生のための対策方法
GMAT対策研究所 日本人留学生のための対策方法
大学院留学何でも相談室
個人で成功する大学院留学
東京国際フォーラムにて大学院留学セミナー毎月開催中
大学院留学専門情報サイト
大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社
TOEFLiBT専門対策ならTOEFLiBT対策カレッジ
MBA留学センター
海外大学院サーチ (社)大学院留学協会

IELTS対策コーチングセンターサイトマップ
IELTS(アイエルツ)
対策センターについて
当カレッジについて
講座(コース)の紹介
講座(コース)費用
申込方法
IELTS(アイエルツ)
について知ろう
概要と目的
受験申込方法
セクション解説
他のテストとの比較
IELTS(アイエルツ)
対策法についての解説
リーディング対策法
リスニング対策法
ライティング対策法
スピーキング対策法
IELTS(アイエルツ)
勉強法についての紹介
リーディング勉強法
リスニング勉強法
ライティング勉強法
スピーキング勉強法
IELTS(アイエルツ)
対策海外留学サポート
IELTS対策留学
海外大学編入
大学院留学