IELTS対策コーチングセンター

お問合せ資料請求資料請求

IELTS(アイエルツ)について


IELTSスピーキング対策方法について: 
スピーキングセクション概要

IELTSのスピーキングセクションはカンバセーション、
そのため会話力がある方は少しの対策でハイスコアが望めます 。

まずは対人の会話力を鍛えましょう!
IELTSのスピーキングセクションはTOEFLiBTのスピーキングセクションは大きく異なり、対人の会話でコミュニケーション力を測る単純なテストです。

そのため英会話学校や語学留学などの経験がある方で、ある程度英語でのコミュニケーションが出来る方は少しの対策でかなりのハイスコアが期待できます。

まずはスピーキングセクションではどういった問題が出て、どういった流れで進むのか、ということを把握、そして最も重要なことはスピーキングセクションの採点基準について精通することです。スピーキングセクションのようにフリーアンサーのセクションはその採点基準の理解なくしてハイスコアは望めません。

IELTSスピーキングセクション概要

Part 1〜3まで3つのセクションに分かれており、マン・ツー・マンのインタビュー形式で行われます。

Part1最初のセクションは、まず簡単な自己紹介を指示され、その後、Part2次のセクションでは、渡されたカードに記載された課題(たとえば、これまでもっとも影響を受けた先生について述べよ、など)について試験官に自分の体験や考えを伝えます。最後のセクションでは、Part2で論じた課題に関連したディスカッションをします。 

Writing 試験時間 約 15 分
問題数 3 問
試験内容 Part 1: 自己紹介・挨拶 (4〜5 分 )
Part 2: スピーチ (3〜4 分 )
Part 3: ディスカッション (4〜5 分 )


IELTS Speaking 採点基準

IELTSスピーキングセクションは決められた答えがありません。皆さんの答えをIELTSの試験管が採点基準をもとに採点します。そのため、ライティングセクションで高得点を狙うためには、この採点基準を把握する必要があります。

1、流暢さと一貫性:
コミュニケーションを図る上で適切な速度、テンポ、で話続けることができるか、また論理性の通った構成になっているか、その際適切な接続詞などを使ってよりスムーズに解答ができているか、という点を採点します。

2、語彙力:
解答の際限られた語彙で話していないか、幅広い語彙の中から適切な言葉、表現を選び話ができているか、という点を採点します。

3、文法の正確さと適切さ:
解答の際限られた構文で話していないか、幅広い構文を使って自己表現できているか、また文法的ミスが聞き手にどの程度影響を与えているか、といった点を採点します。

4、発音:
発音はもちろんネイティブのように発音しなければいけないということはありません。皆さんから発せられる日本語発音の特徴などがどの程度聞き手に負担をかけているか、ということを採点します。

また、理解不能な発音がどの程度解答に含まれているか、ということも採点されますので、日頃からネイティブに近づけるのではなく、聞きやすい話し方の発音を意識し練習することが重要です。


なぜマンツーマンでなければスコアは伸びないのか?
ブース形式ではないのでプライベートクラスが可能
GREテスト対策ラボ 日本人留学生のための対策方法
GMAT対策研究所 日本人留学生のための対策方法
大学院留学何でも相談室
個人で成功する大学院留学
東京国際フォーラムにて大学院留学セミナー毎月開催中
大学院留学専門情報サイト
大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社
TOEFLiBT専門対策ならTOEFLiBT対策カレッジ
MBA留学センター
海外大学院サーチ (社)大学院留学協会

IELTS対策コーチングセンターサイトマップ
IELTS(アイエルツ)
対策センターについて
当カレッジについて
講座(コース)の紹介
講座(コース)費用
申込方法
IELTS(アイエルツ)
について知ろう
概要と目的
受験申込方法
セクション解説
他のテストとの比較
IELTS(アイエルツ)
対策法についての解説
リーディング対策法
リスニング対策法
ライティング対策法
スピーキング対策法
IELTS(アイエルツ)
勉強法についての紹介
リーディング勉強法
リスニング勉強法
ライティング勉強法
スピーキング勉強法
IELTS(アイエルツ)
対策海外留学サポート
IELTS対策留学
海外大学編入
大学院留学